●1950年代にスポーツカーレースで活躍し、美しいボディフォルムを持つFerrari 315S/335Sが1/12スケール・フルディティールキット・シリーズに加わります。 1950年代半ば、フェラーリにより開発された新型V12エンジンは、スポーツカーレースで勝利を収めるべくニューマシン290MMに搭載されてデビューしました。この290MMで1956年のスポーツカー・チャンピオンとなったフェラーリでしたが、 翌年もマセラティをはじめとしたライバル勢に打ち勝つべく、エンジンを改良し投入したマシン290Sで57年のシーズンを迎えます。しかし1レースを戦って後すぐ、さらに戦闘力を増す為エンジンのボアを拡大、その改良型エンジンを搭載し1957年のレースを戦ったマシン、それが315Sです。 315Sは57年3月のセブリングでデビューし、続く5月のミッレミリアではさらにエンジンキャパシティを拡大したマシン335Sが投入されました。そして315S/335Sはこの年のスポーツカー・チャンピオンシップをフェラーリにもたらすことになったのです。

ラウンド  フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他

  • ニュースリリース

ラウンド フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他

日本アミノ酸学会10周年記念大会においてL-シトルリンに関する研究を発表

ラウンド フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他

SPORTEC 2016/ウェルネスフードジャパン出展のご案内

ラウンド フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他

「協和発酵バイオ「ジベレリン協和粉末」、「ジベレリン協和錠剤」および「ジベレリン協和液剤」に対する適用拡大のお知らせ」

ラウンド フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他

ラウンド フェラーリ 315S/335S 1/12】 Ver.B【MFH-その他